狙うポイントはラインだけ! | 札幌在住FX兼業トレーダー やることはシンプル ~原点回帰~

札幌在住FX兼業トレーダー やることはシンプル ~原点回帰~

札幌在住FX兼業トレーダー やることはシンプル ~原点回帰~

狙うポイントはラインだけ!

狙うべきポイント

狙うべきポイント、要は自分が見ているポイントですね。

まずは、月足・週足の重要なサポレジでのプライスアクション

⇒サポレジ反発狙いの逆張りか、サポレジ抜けのトレンドフォロー、Wトップ、H&Sともに、ライン抜けの差さえられているかをキチンとみる

次に日足・4H足の重要なサポレジでのプライスアクション

⇒サポレジ反発狙いの逆張りか、サポレジ抜けのトレンドフォロー、Wトップ、H&Sともに、ライン抜けの差さえられているかをキチンとみる
こんなんとか:https://genius-ltd.com/?p=1548

]

そして、日足~4Hの長期足トレンド中の1時間足以下の狭いレンジブレイク

⇒ブレイク後、トレンド方向についていく
※トレンド方向と逆にブレイクしたら、損切りして、押し目 or 戻りを待って入りなおす。

結構好きなパターンのペナント、フラッグ反発

⇒ライン付近で得意なパターンが出たら迷わずトレンド方向への逆張り(反発を想定した逆張り)。抜けたら損切って戻りを待ってエントリー

・フラッグ

・ペナント

 

基本的に、全てラインをベースにトレードプランを立てているのが分かるかと思います。
あと、私は初心者の頃はエントリーの意思決定で迷いが出てました。

 

例えば、このインジケーターは上昇を示しているのに、こっちは下降を示している。

この時間足は下降なのに、こっちの時間足は上昇だ。

 

それで、エントリーに迷いが出る。

 

皆さんも一度はこのような経験ないでしょうか?
私は、迷うなら余計なインジケーター等は取っ払って、
意思決定は1つ、多くても2つで良いと思います。

 

私の意思決定の1番はラインです。

 

※ライン付近で裁量は入りますが。
チャートをシンプルにすると何か新しい発見が生まれると思いますよ。
※あくまで個人的な見解なので参考までに。

 

 


 

Share

投稿記事一覧

■投稿記事一覧

2018/09/13